シャッターの日頃のお手入れがシャッターを長持させ、安全にお使いいただけるものです。

日本シャッター製作所
株式会社日本シャッター製作所
 お問合せは、 03-3726-4804       
シャッター・ホームページ シャッター製品案内 シャッター安全装置・防犯防災 シャッター修理案内 日本シャッター製作所・会社案内 シャッターお問合せ シャッター社員の広場
ホーム > シャッター修理案内 > シャッター日常のお手入れと定期点検 リンク1 リンク2 サイトマップ

シャッターの日常の手入れと定期点検

  

  皆様の日常での少しの注意が、安全の効果を高め、 シャッターも長持ちします。

   安全はひごろの適切な維持管理から
    ■保守点検について
 万全の防災システムを設置していても、設備や機器が適切に維持管理されていなければ防災システムは十分に機能しません。
●あける・しめる・とめるの動作が正常ですか?
●また煙感知器はONになっていますか?
 OFFになっていたため防災システムが働かず、対応が遅れた例があります。
●普段からシャッターの下や防火扉・非常出口の前に物が置かれていませんか?

シャッターの損傷を防ぐことは勿論ですが、火災時にそれらのものがじゃまになって機能働かない、人の動きが取れないという例は以外に多いのです。
●開け閉めのとき、異常な音がしませんか? ●シャッターに凹みや歪みなど不自然な形が見えませんか?


●避難誘導路を熟知していますか?

 災害時はエレベーターは使用しないで階段を御使用下さい。効率的に整然と避難すれば安全は確保できます。
   
建物の所有者・管理者の皆様へ ・・・・定期点検の実施に当たって
防火シャッターの適切な維持管理のあり方は、これらが必要です。
 ●建物の利用者に対し、防火シャッターの設置状況、性能、機能、危険の教育と訓練。
 ●防火シャッターの点検資格者による定期的な点検。
防火シャッターの定期点検とは
 防火シャッターは機械的、電気的な設備であるため、当初の性能を維持し安全にご使用いただくためには、定期的な点検が欠かせません。
定期点検は、日本シャッター・ドア協会と日本火災報知機工業会が合同で策定しました「防火シャッター・防火扉連動制御設備の点検基準」に基づいて有資格者が行います。
詳しくはメンテナンスのご案内パンフレットのご請求を下さい。

   ■点検基準
点検名称 点検範囲 点検者 インターバル
外観点検

機能点検
その1点検 自動閉鎖装置の点検まで 防災関係資格者 6ヶ月
その2点検 シャッタードアの機能点検 シャッターの点検資格者 6ヶ月
総合点検 自動閉鎖装置の点検まで 防災関係資格者 1年
総合連動点検 その3点検 防災装置の点検 +
  シャッターの機能点検
シャッターの点検資格者
防災関係資格者
  (両者立会い)
3年

このページのトップへ
ページのTOPへ

HOME / 製品案内 / 安全安心 / 修理案内 / 会社案内 / お問合せ / 社員広場 

株式会社 日本シャッター製作所 /本社/ 東京都大田区上池台1-14-21 電話03-3726-4800 Fax03-3726-4809


当ホームページへのリンクは自由です。メールにてご一報頂ければ幸いです。
このホームページの内容および画像の無断転載を禁じます。