安全と安心・シャッター用防犯防災用品・安全装置

日本シャッター製作所
株式会社 日本シャッター製作所
 お問合せは、お問合せは 03-3726-4804       区切り線
シャッター・ホームページ シャッター製品案内 シャッター安全装置・防犯防災 シャッター修理案内 日本シャッター製作所・会社案内 シャッター問い合わせ シャッター社員の広場
ホームシャッター製品案内>シャッター用防犯防災用品 リンク1 リンク2 サイトマップ 
  
安全と安心をお届けします。
侵入犯罪、電動シャッター閉鎖時の挟み事故などを防ぎます。
防犯と防災から護られた安心で安全な生活
防犯・防災を実現するセキュリティ・システム
お店のシャッター

これからのシャッターにもとめられる機能は何か    
防盗性にすぐれ、使いやすく人や物に安全なシャッターに
日本シャッターは、さらに安心という機能を加えました。
新しいコンセプト総合機能シャッターを提案いたします。

てんぼたん (特許登録・公開)

 電動シャッターの弱点とされてきた押しボタンを破壊しての盗難は過去のものになりました。暗証を入力しないとシャッターは絶対に開きません。

 いたずらや盗難の心配がなくなりました。いまシャッターはツーロックの時代です。

●特徴

  1. 3つのボタンで任意の暗証番号を登録、変更も可能
  2. 鍵を掛け忘れても安心な自動ロック
  3. 既存のボックスへ組込めるコンパクトな構造

タッチオフ    シャッター安全装置の詳細

(降下時非常停止装置・特許、実用新案登録)

 降下してくる電動シャッターの座板センサーに人や物が触れると、停止して事故を未然にふせぎます。
シャッターの損傷をふせぎ、寿命ものびる。

●特徴

  1. 障害物を確実にキャッチする独自機構の座板センサー
  2. 電池交換不要の直接発電システム
  3. PL法対応、事故防止の必要装備
CP宣言  「防犯」”Crime Prevention」の頭文字
警察庁、国土交通省、経済産業省と建物部品関連団体から構成する官民合同会議では 最近の侵入犯罪手口に対応した、防犯建物部品の開発を進めています。
CPマークは、防犯性能試験に合格し、防犯建物部品目録に掲載された製品のみに使用が認められます。 日本シャッターでは重量シャッター・軽量シャッターなど目録に掲載されております。
タッチアップ (防火・防煙シャッター用 障害物感知装置)
 感知器の誤作動によるシャッターの挟まれ事故を防止する為に開発致しました。
 座板センサーに人が挟まれると、シャッターは1秒間停止、2秒間上昇、1秒間停止後再降下するシステムです。
 法律に定められた危害防止装置とは異なり、停電時には障害物を感知致しません。
 既設の防火・防煙シャッターの安全対策用です。
セイフティカーテン閉まった君 注意喚起装置
 防火シャッター閉鎖時の事故防止の為に!

学校などで児童の危険に対する判断の未熟性、冒険心的行動に対する充分な配慮がガイドラインで求められています。
当社の提案する、くぐり抜け防止装置「閉まった君」は防火シャッターが閉まり始めると同時に降下して、くぐり抜けを強制的に阻止します。
防災設備分類になります。
閉まったくん

防火シャッターは炎や煙から私たちを守ってくれます。でもその扱い方によっては、とても危険なものとなります。つぎの事に十分気をつけてください。
動いているシャッターの下はくぐってはいけません。
  動いているシャッターの下は絶対にくぐら
  ない。
シャッターが降り始めたら、そばのドアを通りましょう
 シャッターが閉まりだしたら、そばのドアを
 通ろう。
動いているシャッターを止めようとしたりぶら下がらない
動いているシャッターを止めようとしたり、
ぶら下がったりしない。
シャッターのそばではあそばない
シャッターの下やその近くでは遊ばない。
(社)日本シャッター・ドア協会「安全に管理していただくために」より

このページのトップへ
ページのTOPへ

HOME / 製品案内 / 安全安心 / 修理案内 / 会社案内 / お問合せ / 社員広場

株式会社 日本シャッター製作所 /本社/ 東京都大田区上池台1-14-1 明伸ビル403
 電話03-3726-4800 Fax03-3726-4809


当ホームページへのリンクは自由です。メールにてご一報頂ければ幸いです。
このホームページの内容および画像の無断転載を禁じます。